このページの先頭です
スマホ版を見る

小論文添削ドットコム

TOPへ戻る前のページへ戻る

ここから本文です

慶應義塾大学入試 小論文特集

慶應義塾大学の小論文試験対策は、おまかせください!
 小論文添削ドットコムでは、慶應義塾大学の高度な小論文課題にも同一料金で対応し、豊富な合格実績を誇ります。初めて小論文に取り組むという方にも、わかりやすいアドバイスをいたします。1回から受講可能なプロの指導を、ぜひお試しください。学生の方へ 保護者の方へ

※1,200字まで3,000円、400字増えるごとに1,000円追加になります。

❶ 小論文は過去問で攻略しよう!
 慶応の小論文試験は、学部によって出題傾向が全く違います。そのため試験の対策には、志望学部の過去問を解くことが、とても重要です。当サービスでは課題はすべて持ち込みのため、じっくり過去問に取り組めます。
❷ プロによる丁寧な指導
 当サービスでは、小論文と大学受験のプロである講師が、直接指導をしています。大学入試問題の解答本を執筆した経験から、出題の傾向を読み取り、あなたの志望学部に合わせた指導をいたします。
❸ 安心の質問回答
 小論文への疑問や不安を解消し、自信をもって試験にのぞんでいただけるよう、お申込みいただいた方には講師による質問回答サービスを行っています。到着後、4営業日以内にお応えいたします。ご質問への回答は無料です。
❹ お試ししやすい料金
 持ち込みの過去問でも同一料金、難易度による値上げはございません。受講は1回からお申し込みいただけます(入会金不要)。特にお急ぎの方には、特急料金による即日対応・翌日対応もございます。お気軽にご相談ください。

講師のメッセージ

小論文添削講師 佐々木正人

 慶應義塾大学の小論文試験は、大学入試では屈指の難しさです。読むだけで試験時間が終わりそうなほど長い問題文に加えて、暗記型のテストでは測れない思考の柔軟性、想像力、提案力といった、アクティブな能力を問われます。この総合的な力を必要とする問いに対応するためには、事前の読解トレーニングと、考え方・答え方の習得が必要になります。そのためここでは、難解な問いから答えを引き出し焦点を当てた解答をするコツ、文章を大学教授に認められる形式にする技術をお伝えしています。慶應小論文のように独創的な設問に取り組むのは、とても労力のかかることですが、得るものが大きく挑み甲斐があります。一歩一歩、着実に頂を目指す気持ちで、一緒に頑張りましょう!

「音楽系大学から、慶應義塾大学への挑戦」(慶應義塾大学SFC、早稲田大学商学部、早稲田大学人間科学部) 合格体験記

鈴木一郎さん(仮名)
僕は現役時代、実技重視の芸術系(音楽系)の大学を受験したので、一年前は慶應義塾大学とは全く無縁のところにいました。勉強はほとんどゼロからのスタートでしたので、とにかく主要教科の勉強に必死で、秋から先生に添削をお願いしました。…もっと読む

慶應義塾大学 合格実績一覧

慶應義塾大学
法学部(論述力試験、FIT入試B方式)、医学部(二次試験の小論文)、総合政策学部(SFC)、環境情報学部、文学部(小論文)、通信課程入試

※1,200字まで3,000円、400字増えるごとに1,000円追加になります。


ページの先頭へ


パソコン版を見る
お問い合わせ   サイトマップ  個人情報の保護について  特定商取引法に基づく表示  よくあるご質問