小論文添削ドットコム

ここからヘッダーメニュー

ヘッダーメニューここまで

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

TOPへ戻る前のページへ戻る

ここから本文です。

合格体験記

小論文添削ドットコムのメリット

国際基督教大学(帰国生入試)・上智大学(海外就学経験者入試)合格体験記

小論文選択

春木歩美さん(仮名)

佐々木先生に最初に小論文添削をお願いしたのは試験日まで1カ月を切っていました。
それまで参考書やネットを見て独学で小論文を書いていましたが試験日が近付くにつれ不安になり、先生におねがいしました。
最初の添削で自分がまったく小論文の基本を押さえられていないことに気づき、愕然としたのを覚えています。
佐々木先生にお願いしていなくそのまま受験していたかと思うと恐ろしいです。

小論文添削ドットコムの素晴らしいところは、とにかく添削が早いところです。
私は受験が近かったこともあり、先生にお願いしたらすぐ返事をいただけました。
毎回、細かいところまでびっしり添削をしていただき、すぐに次回に生かすことができました。
私は「型」や専門的な知識を取り入れることが良い小論文だと思っていましたが、先生のご指導で「自分の意見を相手に分かりやすく伝える」ことが一番重要なのだと気づきました。
それからは何か重しが頭からとれたように、自分で深く考えて、それを文章に自由に書けるようになったと思います。

先生は毎回良いところをほめてくださるので、返信が返ってくるたびにやる気が出ました。
最初は「悪い評価だったらどうしよう」とびくびくしていましたが、毎回添削をお願いするたびに自分がメキメキ上達していくことが分かり楽しみに返信を待てるようになりました。
アドバイスがとても的確なので、それをよく考えれば一回書きなおすだけで天と地の差のような小論文ができました。
ですから「次はどんな評価だろう」とワクワクし、楽しく受験勉強ができました。

先生のご指導はとても人間味がこもっていると思います。
ただの機械的な添削ではなく、私がどんな人間かを理解して、それを十分にいかせる方法を考えていただけました。
先生のお言葉はいつもユーモアがあり、添削と同時にするちょっとした雑談や、私の素朴な疑問を質問することが一つの楽しみでもありました。
受験直前までのご指導で、自信を持って本番に臨むことができました。
その結果、もともとは挑戦校であった大学二つ、なんと両方に合格しました!
こんなこと誰が予想していたでしょうか!
先生のご指導と励ましのおかげです。本当にありがとうございました。
何よりよかったことは楽しく受験勉強ができたことです。
大学でまた小論文の力は必要になると思うので先生のご指導を思い出し、生かしていきたいと思います。
憧れていた東京での生活、楽しみます!


講師からのお祝いメッセージ

春木さん、合格おめでとうございます!
「挑戦校」に両方ともとはみごとですね。ほんとうによかった!
添削のメールをやり取りする中で、「これから学校に行ってきます」という挨拶を読んで、外国の高校から日本に進学するのが自然になったのだな、と感じたものです。
東京の大学はどちらに行くにせよ、あなたにふさわしい舞台だと思います。元気で憧れの東京生活を満喫してくださいね。
いつまでも応援しています。

本文ここまで


ページの先頭へ


ここからフッターメニュー

フッターメニューここまで