このページの先頭です
スマホ版を見る

小論文添削ドットコム

TOPへ戻る前のページへ戻る

ここから本文です

合格体験記

小論文添削ドットコムのメリット

京都大学経済学部 合格体験記

小論文選択

BigBangさん(仮名)

 私は夏頃に小論文が重要な入試の鍵となる大学に行きたいと思ってから、今まで全く対策などしたことのない小論文をどのように攻略すればいいのか悩みました。通信添削システムの存在を知らなかった時に、小論文の過去問を実際に書いてみて赤本の答えと照らし合わせて自分で添削してみようと試みたことがありましたが、小論文の答えはそれぞれの人の思考により無限にあるので、主観を取り除いて客観的に見てもらえなければ添削などできなく、本当に力を付けていくには第三者による添削が欠かせないと思いました。

 そこで学校の先生や予備校の講師に頼もうとしましたが、彼らは無給でやってくれるのであり、数十回も添削をお願いするのは気が引けてしまいます。そんな時友達から通信添削システムの存在を聞かされました。早速調べてみると、このサイト以外のほとんどは月単位もしくは回数単位で大きなお金を払って添削してもらう制度をとっているのに対し、「小論文添削ドットコム」は一回一回料金を払って添削してもらう制度をとっていました。しかも比類なき安さ。初めて通信添削をしてもらう身としては後者の方が信用できるし、使えないなら一回で辞めればいいと考えました。

 実際に一回送ってみるとすぐ返って来て、内容もとても充実していました。ただ単に誉めることをせずに的を射た熱心な指摘をいただき、3回同じ題を書き直しました。先生の指導に従って書き直していくうちに、だんだんとベクトルが綺麗に定まっていき、書くのが気持ちよくなり楽しくなっていくのを身を持って感じました。数々の質問にも的確に答えていただきました。先生は私のために全力を尽くしてくれていると感じました。それを半年間みっちり続けていったので、自分の型が定まり大量の硬質な文章を読み書きするのに慣れました。

 本や新聞(特に社説)、社会科目などを自分でしっかり学習して知識量を最大限増やし、大学の過去問を解いてプロ(佐々木先生)から合格をもらえるまで書き続けることを継続していくことこそ、小論文を伸ばす王道です。これをやっていると、何やっても意味ないと思われがちな国語の現代文の成績も一気に上がりました。

 さらに先生は私の思考を和らげるためと、多様なテーマの話を提供してくれました。特にブータンの話はとても印象的で、確実に糧となりました。

 結果第一志望に無事合格することができました。小論文に関しては完全に佐々木先生のおかげです。本当にありがとうございました。ここで学んだことを今後の人生に大いに活用していきます!


講師からのお祝いメッセージ

合格おめでとうございます。胸にしみる言葉をありがとう。
あなたと一緒に勉強した日々は私にとっても良い経験になりました。
いつかまた小論文を書くことがあれば全力で応援しますよ。本当におめでとう。


ページの先頭へ


パソコン版を見る
お問い合わせ   サイトマップ  個人情報の保護について  特定商取引法に基づく表示  よくあるご質問